株式会社 松原組「総合建設事業」

多様な環境、使用条件に対応。
弊社は創立以来、建設という公共性の高い仕事を通じて社会に貢献することを願い、創意と情熱を傾けてきました。しかし、ひとくちに建設といっても分野は広く、環境や使用条件によってそれぞれ異なり、高度な建設技術が要求されます。ユーザーニーズに対し、いかにきめ細かく的確にお応えしていくか、これは弊社のテーマであり、その実現に向って絶えず努力しています。調査・研究から、計画・施工に至るまでの充実した体制と数々の実績には、各方面より高い信頼と評価を寄せられています。松原組は、がっちりとチ-ムワ-クを組みながら、それぞれの価値と力を十二分に発揮しています。

主な施工実績

  • 国道2号赤坂バイパス工事
  • 旭丘小学校屋内運動場改修工事
  • 二子新地高架橋工事
国土交通省 芦田川箕島第10堤防工事
国土交通省 芦田川山手護岸工事
国土交通省 国道2号東桜町歩道整備工事
国土交通省 国道2号入船交差点改良工事
国土交通省 国道2号赤坂バイパス工事
国土交通省 福山職安改良工事
広島県 大門高校校舎1号棟他外壁改修工事
広島県 浄化センター濃縮タンク施設工事
広島県 手城川広域基幹河川改修工事
広島県 賀茂福山線道路安全確保緊急補修工事
広島県農林 予防治山事業山腹工事No.21
福山市 旭丘小学校屋内運動場改修工事
福山市 鳳中学校屋内運動場改修工事
福山市 大門・手城幹線下水道築造工事
福山市 円形管埋設工事(国補第32工区)
福山市 瀬戸・水呑幹線下水道築造工事(22-2)
福山市 雨水貯留事業(谷地池)
福山市 王城切石公園整備工事
福山市 県単独林道横山岩谷線改良工事
尾道市 下水管埋設工事・7-11工区
  • 福山リサイクル発電所RDF土木建設工事
  • 横浜大観覧車基礎工事
  • 浄化センター濃縮タンク施設工事
鹿島建設 上組福山支店社宅・独身寮新築工事
鹿島建設 中国電力大崎灰貯蔵サイロ他基礎工事
鹿島建設 府中元町団地造成工事
鹿島建設 福山リサイクル発電所RDF土木建築工事
清水建設 福山3高炉3次改修土木工事
清水建設 空港大橋本郷大和線P6橋脚工事
清水建設 シャープ排水処理施設工事
清水建設 駅家・加茂複合団地造成工事
五洋建設 広島港湾(出島21-1)ケーソン工事
五洋建設 中央ポンプ場築造土木躯体工事
五洋建設 横浜大観覧車基礎工事
五洋建設 大桟橋基部掘削その2土木工事
JFEミネラル 不二サッシ商品開発センター解体工事
JFEミネラル 芳井鉱業所石草西部露天切羽拡張工事
JFEミネラル 福山製造所本事務所改装建築工事
JFEミネラル 福山港本航路浚渫土工事
JFEミネラル 高炉徐冷サイジングプラント
解体撤去工事
JFEシビル フルオレン誘導体製造設備建設工事
JFEエンジニアリング 小田原ケーソン躯体工事
東亜建設工業 福山港本航路(-16m)浚渫工事
竹中工務店 日本鋼管福山病院南棟新設工事
石井組 羽田滑走路工事
石井組 二子新地高架橋工事
  • 福山リサイクル発電所 RDF 土木建築工事
  • 中央ポンプ場築造土木躯体工事
  • 空港大橋本郷大和線 P6 橋脚工事
  • 阿伏兎海岸整備工事
  • 中国電力大崎灰貯蔵サイロ他基礎工事
  • 横浜大桟橋基部開削工事
  • 山陽自動車道春日工事
  • 直江津ハイブリッドケーソン製作現場
  • 箱崎漁港環境整備工事
  • 神石スコラ高原スポーツ施設整備工事
  • 国道2号線入船交差点改良工事
  • 福山市春日池公園工事
  • 鳳中学校屋内運動場改修工事
  • 旭丘小学校屋内運動場改修工事
  • 専光寺墓地造成工事
  • 四川ダム本体工事
  • 県道牧油木線道路整備工事
  • 福山手城川改修工事
  • 福山港本航路浚渫工事
  • 東京国際空港D滑走路建設外工事
  • 出島ケーソン
  • 小田原ケーソン
  • 瀬戸・水呑幹線下水道 築造工事
  • 横浜港本牧地区岸壁上部等工事

耐震補強

補強鉄筋埋設方式PCM巻立て橋脚補強AT-PI工法

平成7年1月に発生した兵庫県南部地震による橋梁構造物の多大な被害経験を踏まえ、道路橋示方書((社)日本道路協会)をはじめとする橋梁の耐震設計基準に対して、マグニチュード7クラスの内陸直下型地震による地震動に対しても、必要な耐震性を確保することを主な内容とする改定が行われました。
その後、膨大な数の既設鉄筋コンクリート橋脚に対して、新基準に対応すべく耐震補強が行われています。

鉄筋コンクリート橋脚の耐震補強工法は、当初「既設道路橋の耐震補強に関する参考資料((社)日本道路協会)」に示された‘曲げ耐力制御式鋼板巻立て工法’ならびに‘鉄筋コンクリート巻立て工法’が採用され、現在でもこれらが主流となっています。

AT-P工法 概要図

これに対して、鉄筋埋設式PCM巻立て補強工法(AT-P工法、AT-PD工法)は、既設のコンクリート表面に溝切りを施し、補強鉄筋を埋設することによって、巻立て増厚を大幅に低減した工法で、先に述べた様に構造上の制約がある場合でも適用の範囲が広がります。

AT工法カタログ表 平成24年

AT工法カタログ表 平成22年

補強施工手順

1.着工前 2.埋設溝切削 3.埋設溝定着 4.帯鉄筋取付 5.保護被覆中塗 6.完成

工事名 一般国道 2号 榎浦橋 橋梁補修工事
工事場所 広島県廿日市市 可愛
発注者 広島県西部建設事務所廿日市支所
工法 AT-P工法
工事概要 N= 1脚 A= 56.2 m²
主筋 D25 @ 210  帯筋 D 19@150 t=36
施工時期 平成23年1月 ? 平成23年3月 (AT-P工法: 30日)
施工 株式会社 松原組
元請会社 株式会社 松山

緑化事業(芝舗装)

ヒートアイランド対策や都市緑化推進へも取組みを行っています。
景観を損なうことなく環境にやさしい工法で、地域社会の暮しやすい環境作りに貢献します。


施工後の芝

駐車場を芝生化するとこんなメリットが派生します

  • 乾燥時に強風で舞い上がる土塵や砂塵の防止
  • 雨天時におけるぬかるみと土壌の流失の防止
  • 温度変化を緩和し真夏の暑さを和らげます
  • 太陽光の照り返しを緩和します
  • 景観の向上とゆとり空間を創出し、リラクゼーション効果を生み出します
  • 芝の光合成により空気を浄化します

施工手順

1.路盤工 2.敷砂 3.芝生保護材設置工 4.客土敷工 5.張付工 6.目土・転圧・散水 7.完成

事業案内

  • 総合建設事業
  • 製鉄関連事業
  • スラグ事業
  • 地球のいのち、つないでいこう 生物多様性のこと、もっと知りたい

ページトップに戻る